仁のひなたぼっこ便り

元捨て犬で動物愛護センター出身の雑種犬・仁(じん)とのおかしな日々をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの家はココ

昨日は、仁の古巣である動物愛護センターまで用事があり行って来ました。

CIMG3954.jpg

実は仁は、センターの子犬部屋の方に行ってもあまり喜びません。
ここのセンターの方達は皆優しく、愛情いっぱいに接してくれる人達ばかりだし、仁がいた子犬のお部屋も、仁の嫌いなケージではなく広々としたお部屋なのです。

だから、ここを卒業した犬達も結構遊びに来ては職員さん達にうれしそうにからんでいます。
仁も、好きな職員さんとは遊んでもらうし、上の写真にある広場では喜んで走ったりするのですが、自分がかつていたお部屋の方へ行くのをものすごく嫌がります。(芝生広場の奥が犬部屋)

CIMG3941.jpg

私は仁がかつていたお部屋に、譲渡予定のかわいい子犬がいるのを見るのが仁との出会いを思い出して好きなのですが、仁は絶対に子犬達とは目を合わせないし、部屋のほうを見ようともしないし、グイグイ私を引っぱってここから遠ざかろう遠ざかろうとします。

CIMG3980.jpg

そのうち息も荒くなってきて、辛そうになってくるので、私は子犬をチラ見する程度でまた広場の方へ行き、もう部屋の前を通らないようにしていつもそのまま帰ります。

顔がつぶれるほど乗り出して仁に興味を持ってくれる子犬ちゃんたちがいるのになぁ。
君達も早く良い家族に会えるといいね。。。

CIMG3939.jpg

いつか仁との出会いについて書こうと思っているのですが、仁は他の子犬よりも長くあのお部屋にいた犬なんです。たいていの犬は、1回目に参加した譲渡会にその犬を希望する人がいてもらわれていくのですが、仁は1回目の譲渡会でご縁がなく、同じ部屋や隣の部屋の仲間達がみんな誰かにもらわれていっていなくなった後もあのお部屋で暮らしていました。

1回目の譲渡会で仁を希望する人が誰もいなかったからこそ、次の譲渡会に参加した私達家族と仁が出会えたわけなんですが、仁にしてみれば、職員の人に良くしてもらってはいたものの、今までいっしょにいた仲間が急に皆いなくなってしまって、すごく嫌な思いをしたことの印象が強く残っているのかもしれません。
それか、今の暮らしをすごく気に入ってくれているのかな。だといいんだけど。

ここに来ると、『またここに戻されるのかも・・・』ってもしかして思ってしまうのかな。。

家からセンターは割りと近い上、きれいな芝生がある広場の方は仁も好きなので、お世話になった職員さん達に幸せに暮らしている姿を報告するため、たまに散歩がてら訪れているのですが、もうあのお部屋の前に行くのはやめよう。芝生のある広場の方だけにしよう。


仁、もう行こうか。

CIMG4015.jpg

そうだね、わたしたちのおうちにかえろう。

仁は帰り道ではもう元気を取り戻していました。

でも家の玄関に着くと、いつになく何やら神妙な面持ちで何か言いたげ。

CIMG4073.jpg

なあに?そんな顔して。
嫌なこと思い出させちゃったならごめんね。

CIMG4079.jpg

わかってるよ。当たり前でしょ~
あそこには遊びに行っているだけなんだよ。

CIMG4085.jpg

ホントだよ♪

CIMG4102.jpg

もうずっと一緒だよ。

CIMG4095.jpg

返してくれって言われたって、絶対に絶対に手放さないよ♪

そして夜寝る前にも、センターにはご挨拶に行っているだけで決して戻るわけではないことをよく言い聞かせておきました。仁は、わかったようなわからないような顔をして、でも真剣に聞いてくれました。

CIMG4139.jpg

安心して、おやすみ。。。



2つのランキングに参加中です。応援のポチありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ ポチありがと

Category :

Comment

ママ犬 says... "No title"
こんばんは~、♪

札幌にワンニャンペットパークというアミューズメント
ビルがあります。広いフロアに犬が放されて、人が遊びにいくと、みんな人懐こく、膝の上にのってきたりします。

ペット資格の学校が併設されていて、ワンコもニャンコモも、トリミングのいい教材です。

が、姪っ子が小さくて何度かいっていましたが、
そのうち、その日その日(←その時間その時間か)の飼い主を見つけようとするワンコがそのうち、可哀相になり、いかなくなりました。リンタンが家に来る前ですが。。

ワンコの主人は一人だけなのです、きっと。
センターの人はイイ人でも、飼い主ではないのです。
なので、仁君も寂しかったと思います。

と、、記事を読んで思ったママ犬でした。
仁君、ずっと、チャーさんと一緒だよ♪
2012.03.30 23:53 | URL | #- [edit]
わん says... "No title"
うんうん。帰らないし返さないもんね。。
なんだか記事を読んでいて涙がでました。。
仁君はほんと良かったね♪
2012.03.31 05:35 | URL | #- [edit]
チャー says... "コメントありがとうございます"
v-286 ママ犬さんへ

ああ~、そうなのか~。
良くしてもらってても、きっと寂しかったんですね、仁は。
だからあのお部屋を見るのがいやなのかもしれないですね。
勝手にいい思い出の場所として見てた自分はまだまだだなあ。。


たしかに、飼い主はひとりですよね。
寂しかったことが帳消しになるくらいずっと仁を大切にしていきたいと思います。
2012.03.31 13:21 | URL | #- [edit]
チャー says... "コメントありがとうございます"
v-286 わんさんへ

有難うございます(泣)

仁に本当にこの家に来てよかったとずっと思ってもらえるようがんばります!
2012.03.31 13:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jintanbou.blog.fc2.com/tb.php/77-6f8e2446
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。