仁のひなたぼっこ便り

元捨て犬で動物愛護センター出身の雑種犬・仁(じん)とのおかしな日々をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を使った暖の取り方

最近はだんだん暖かくなってきましたが、まだまだ風が強かったりして寒い時も多いですよね。
まあ暖房をつけるほどじゃないけど、手先なんかが冷たい。。
そんな時私は、仁を使って暖を取っています♪
まあ、犬飼いの特権というやつですかな。仁も寒い時しょっちゅう膝の上に乗ったりして、飼い主を使って暖を取ってますからお互い様ですね。

この間家に遊びに来た友人に、犬で暖を取るとしたらどこか?というクイズを出してみました。
ちなみにその友人は、犬を飼ったことがありません。
友人は、ここかな?と言ってこんな感じで仁を触りました。

CIMG3202.jpg

ブッブー!不正解!!
まぁ、犬を飼ったことないから仕方ないな。。

犬飼いの皆様は色々な暖の取り方のバリエーションをお持ちでしょうが、私はいつもこんな感じで暖を取っています。

まず、丸くなって寝ている犬を一匹見つけます。

CIMG3219.jpg

『丸くなっている』というのがポイントです。
丸くなっていないと、こういう部分ができないからです。

CIMG3151.jpg


そしてここの部分に冷たくなった手を入れます。

CIMG3158.jpg


こんな感じです。

CIMG3192.jpg

ここは必ずとてもあったかくなっています♪
友人が間違ってしまった背中は、一見暖まっていそうですが、部屋の気温が低い時は冷たいときもあるので注意が必要です。

CIMG3206.jpg

突然冷たい物が足に入ってきた犬に、こんな風にギロっと睨まれてもへこたれずに、手を裏返してまんべんなく暖めます。

CIMG3207.jpg


すると、このようなクレームが犬からきます。

CIMG3205.jpg


ですが、そのような時は呪文を唱えればばっちりです。

『仁、ねむいね~、おねむだね~、ねむいの~』

CIMG3204.jpg


『すごくおねむだね~、ねんねしようね~、ねむねむ・・・』


CIMG3214.jpg


大成功です♪



2つのランキングに参加中です。応援のポチありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ ポチありがと

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jintanbou.blog.fc2.com/tb.php/76-c48284ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。