仁のひなたぼっこ便り

元捨て犬で動物愛護センター出身の雑種犬・仁(じん)とのおかしな日々をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨシって言ってるのに

この間姪っ子が遊びに来た時、姪っ子は仁にオヤツをあげながらマテ遊びをしていました。

CIMG0710.jpg

姪っ子が飼っているチワワはマテをまだ習得していないらしく、姪っ子は仁と『マテ』『ヨシ』のやり取りができるのを楽しみにしているのです。

でもこの間姪っ子がこう言ってきたのです。
『チャーちゃん(注:飼い主のことです)、、仁が、ヨシって言っても食べてくれない!』

そんなはずはないと思いながらも、私は『おかしいねぇ。。この前遊びに来た時は食べてたのにねえ。。』などと言いながら、わたしも姪っ子と一緒に、マテをしている仁に『ヨシ!』と言ってみたのです。

CIMG0696.jpg

あれれ??ヘンだなあ!
食いしん坊な仁がヨシって言っても食べないなんて!!そんなこと今までなかったのに・・・。

少し考えてみたら、仁が食べない原因に思い当たるフシがありました。
仁は食べることが大好きで、マテをしている時にかなり気合を入れて待っているので、指示を出す方も気合を入れなければならないと飼い主は思うようになり、ここ最近はかなり気合の入った掛け声で『ヨシ!』と言っていたのです。

試しにいつも通りの掛け声で仁に指示を出してみました。

『ィョヨォオオオオオオオオオオオオオッッッッッッッッシィッッ!!!』
(↑かなりデカイ声)


CIMG0697.jpg
(即効で食らい付く仁)

やはり!!
仁は最初こそ『ヨシ』という掛け声が食べてもよいという指示というふうに認識していたものの、その後は飼い主が上記のような気合の入った(バカな)声で合図するため、そういうヨシにしか反応しなくなっていたのです!(⌒▽⌒;)

うぉ。。仁は飼い主の指示に忠実なだけなのに、これじゃあ人様にヨシをしてもらうことも、外でヨシをすることもできないじゃないか。。だってこの声はかなりデカくてバカみたいに高い声なんです。
たとえて言うなら、ちょっと古いですが、世界のナベアツというお笑い芸人がやっていた『3の倍数でアホになる』ギャグの『さぁああんっ!』というあのアホな声に近いです。・・・なぜそんな声になっているのかは気にしないでください。単にバカなだけですから

CIMG0094.jpg


ああ、、、(とても)バカすぎる飼い主のせいで仁がマテができない犬みたいに思われてしまう。。
まぁでもとりあえず姪っ子にはこの声でやらせれば良いと思い、
『今チャーちゃんが言ったみたいな声でヨシって言ってみてごらん。』
と姪っ子に言ったら、
『・・・・・ヤダ。』
と言われました。
『えっ?なんで?』と私が聞き返すと、
『そんなバカみたいな声出したくない!恥ずかしいもん!』
って言われました(´ω`;)
小学生の姪っ子でも出せないようなバカみたいな声を毎日出しているいい歳した叔母の私って一体。。。(T▽T)かなり恥ずかしい大人だ

CIMG1026.jpg


この出来事を契機に、徐々に『ヨシ』の声のデカさとトーンを日々少しずつ落としていきました。 いきなり声低くすると食べないんで^^;
すると、『ヨォォシ!』くらいでも食べてくれるようになりました~。

CIMG1827.jpg

柔軟な犬で助かりました。


2つのランキングに参加中です。応援のポチありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ banner5.gif

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jintanbou.blog.fc2.com/tb.php/61-7a44667a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。