仁のひなたぼっこ便り

元捨て犬で動物愛護センター出身の雑種犬・仁(じん)とのおかしな日々をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜドイツは殺処分ゼロが可能なのか

女優の浅田美代子さんがドイツへ行って殺処分ゼロの仕組みを学ぶBSプレミアム「旅のチカラ」をみたので、忘れないようにここに記録しておきます。
最近忘れっぽいんで、、、(汗)


P1221591.jpg


わたしが知っていたのは、ドイツは殺処分がゼロで捨て犬が収容される施設が沢山あるということだけでした。
不勉強すぎました。。


<覚書>
・ティアハイムという犬の施設がドイツ全土に500以上ある。
・施設は市民の寄付金で運営される。
・1万5千人の会員や遺言により寄付金が贈られる。
・ドイツでは「自分の犬さえかわいがれば良い」という考えではなく、犬全体の幸せを考えている。
・ティアハイムの犬は捨て犬だが、虐待など飼い主としての資格がないと周囲の住民や警察に判断されると、飼い主としての資格を剥奪され、飼い犬でもここに送られてくる。
・年間2万頭の犬がここから新しい家族の元へ引き取られる。
・飼い主が見つからなくても、ここで最後まで犬生を全うできる。
・犬1頭が入っている部屋(1頭につき1部屋)はとても広く(私の部屋より広いな)、床暖房まである。
・施設には、心に傷のある犬を治療するリハビリセンターもある。

・ドイツには生体販売を行うペットショップはない。
・ブリーダーは法律で厳しく拘束されている。
・ドイツの犬はほとんどドッグスクールに通ってしつけを受けている。
・しつけが徹底されているので、車通りが激しい都会でもノーリードで散歩したり、電車にも普通に乗れる。
・犬をしつけするのは、犬に最大限の自由を与えるためとの考えからである。
 よって、ノーリードで自由に散歩したり、レストランに普通にいたりもできる。

・犬を飼う人は犬税(年間約1万5千円)を払わなければならない。
・ホームレスの方でも犬を飼っている人がいる。もちろん、彼らも犬税を払い、必要なワクチンをしている。(自分の生活資金の半分を犬に使っていた)

私がびっくりしたのは、都会の道路でノーリードで大型犬が散歩していても、誰も気にしてないというところでした。
しつけが徹底されているから可能なんでしょうが、現状の日本では考えられないですよね。。
それだけ、犬がにんげんのパートナーとして認められている社会なんだな、と感じました。
犬の自由のためにしつけをする、っていいですねえ。。

ホームレスの人が犬を飼っていることにも驚きましたが、ちゃんと犬税とかを払っていることがすごいな、と。
犬を心の支えとし、パンを分け合って食べる姿は微笑ましかった。


日本がこれに近づくためには、、、まず寄付金という文化が根付いていないので財源の確保が第一ですね。
ベルリンの施設だけでも、年間5億円以上の寄付金で運営しているとか。
日本で遺言で動物のための施設に寄付する人なんて、、まずいないもんなあ。。ピアニストのフジコ・ヘミングさんくらいか?

仁は捨て犬にも関わらず、幸運にも命を繋ぐことができた数少ない犬の中のひとりです。
仁を見ていると、そうではなかった子たちのことも否応なしに考えてしまいます。

PB110117.jpg
(家に来て間もない頃の写真)

いろいろと勉強になりました。私も動物好きの一人として、日本が殺処分ゼロの国になって欲しいと願っています。
そのためにひとりひとりができることは何なのか、これから少しずつ考えていきたいです。


2つのランキングに参加しています。クリックして応援していただけると励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

Comment

kurimiki says... "No title"
はじめまして
「ぼく、イチロー」のkurimikiと申します
貴重な情報ありがとうございます
確か、ドイツはレストランに犬と入れる(他にも犬と入れない場所のほうが少ない)って聞いたことがありました。
殺処分ゼロすばらしいですね、学びたいですね
日本にも、そんなシステムができれば年間の犬の税金なんて、お安いもんです。
きっと、ひとりひとりの「犬を飼う」自覚が、流行のペットに走る日本人とは、根底から違うのかもしれませんね。

これからも、よろしくお願いいたします。

あっ前回の記事の仁くんのこと
イチローも最初はブツしかみませんでしたけど、今では穴があくぐらいみられてます(笑)。
そのうち、仁くんにイヤっていうぐらい見つめられる日がくるかもしれませんね。

2012.01.29 12:13 | URL | #mQop/nM. [edit]
チャー says... "コメントありがとうございます"
v-286kurimikiさんへ 
ご訪問下さりありがとうございます!
犬を飼うには資格がいる、っていうのが根付いてるのがすごい文化だな~と思いました。言葉だけでなく、本当に犬を「パートナー」として考えている国のようです。
日本人もやはり意識改革から、ですかね。

イチローくん、そんな変化があったんですねっ。
どうしてブツを見なくなったんですかね~、うらやましい!
今後も勉強させて頂きます。よろしくお願いします。
早くイヤという程見つめられたいです(笑)
2012.01.30 10:11 | URL | #- [edit]
ママ犬 says... "No title"
こんばんは~、

事後報告ですみませ~~ん!
こちらの記事、ドイツはなぜ殺処分が0なのかをリンクさせていただきました。
不都合などあれば、はずしますのでお知らせください。
2012.02.09 22:04 | URL | #- [edit]
チャー says... "ありがとうございます"
v-286 ママ犬さんへ

とんでもないです。ありがとうございます!
恐縮です<(_ _)>
2012.02.10 00:48 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jintanbou.blog.fc2.com/tb.php/25-c67a5a27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。