仁のひなたぼっこ便り

元捨て犬で動物愛護センター出身の雑種犬・仁(じん)とのおかしな日々をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また・・・

仁が突然夜中に起きておかしな行動をしてからちょうど一週間の昨日、また仁が夜中に突然起きました。


CIMG8569.jpg


行動はこの間と同じ。
突然起きて、この部屋から出してくれ、とドアをカリカリします。
仁は普段、朝先に起きても、飼い主が起きるまで待っていてドアをカリカリするようなことはないです。
だから、よっぽど部屋から出たいんだと思います。

そしてドアを開けてあげると、この間と同じように急いでリビングに行きました。
でも、うんPをするわけでも嘔吐をするわけでもありません。
だから2階に行って寝よう、と誘ったのですがいつものようには付いてきません。



CIMG8579.jpg


全く2階に来ようとしないので、そのまま寝せておきましたが、10分くらいで心配になりまた降りてみました。
すると、仁はひとりで丸まって寝ていました。
仁に、『大丈夫だからね』と優しく声をかけて近づくと、甘えるように飼い主の膝の上に座ってきました。
不安そうな目で私を見ていました。
やっぱり仁は私に何か言いたいことがあるんだ、とこの時確信しました。



CIMG8581.jpg


その後、やさしくなだめると一緒に2階の部屋にきましたが、決してフトンで寝ようとはしませんでした。なので、お昼寝用に置いてある長座布団で飼い主が寝て、こっちへおいでと誘うと隣にきて座りました。しばらくどこか一点を見つめて寝なかったのですが、やさしく撫でていたら、そのうち私のお腹と腕の間に丸くなって寝ました。
明け方、ヘンな場所で寝た飼い主が体が痛くなってフトンに移動すると、仁も付いてきました。



CIMG7419.jpg


今日もこうして窓から外を眺めていますが、仁の背中は何も語ってはくれません。
普段と違った行動を取ったあの日から1週間、もう何でもなかったんだと思い始めていた矢先の出来事です。
何か伝えようとしているはずなんですが、まだ読み取ってやれていないのがもどかしいです。


なんで急に夜中部屋から出たくなるのか?
夜中に何か不安になるようなことや何らかの痛み・違和感が急遽襲ってくるのか?
現状見ていてわかるのは、急に今まで寝ていたフトンを嫌がって部屋から出たくなる、ということだけです。
でも粗相とかしちゃってるわけでもないし・・・。
他に出ちゃうものってありますかね??肛門腺とか??


CIMG8425.jpg


お散歩では元気だしご飯もちゃんと食べるからそんなに心配することはないのだと思います。
体のどこを触っても痛がらないし、どこか具合が悪いわけでもないから、病院に行ったところで上手く説明できそうもないし・・・。
相談に乗ってくれるような優しい獣医さんなわけでもないしな。。。
またしばらく様子見を続けたいと思います。
あ~、はやくわかってあげたい。。。




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ ポチありがと
いつも応援ありがとうございます。

スポンサーサイト

問題なし?

今日の朝の仁さんです。


CIMG8095.jpg


・・・少し元気がないような?
でも眠かっただけかもしれません。

昨日はあれから、注意して仁の様子を見ていたんですが、雨なので動きが少なくよくわかりませんでした。
飼い主が気にしていた部屋ウロウロは、ブログをアップした後はしなかったです。
全身もくまなくチェックしてみましたが、特に普段と変わりありませんでした。

そして昨日の夜中はいつものとおり、起きないでずっと寝ていました。(ほっ)
飼い主の方はいつ仁が起きるんじゃないかと思ってなかなか眠れなかったんですけど^^;



CIMG8101.jpg




元気があるかわからなかったので、試しにロープ遊びに誘ってみるも、断られました(汗)


CIMG8075.jpg


・・・う~ん、やっぱり元気がないのかな??でも仁は普段でも家の中では寝ていることが多いから、よくわかりません。
というわけで、木陰がたくさんある公園まで散歩に行ってみることにしました。
今日は暑いので、日陰がないところはキツそうだったんで。


CIMG8359.jpg


最初はこんな感じで、いつもより表情が曇っているように思ったんですが、いつも爆走しているところに行くと・・・・・




CIMG8387.jpg


爆走始まりました(@^▽^@)ノ


ここからは、全くいつもの仁でした!



爆走、あり。

CIMG8388.jpg



かいーの、あり。

CIMG8366.jpg




ホリホリ、あり。

CIMG8390.jpg




掘った後の穴チェック、あり。(深め)

CIMG8394.jpg



というわけで、仁は元気ということがわかりました!
ただ何故夜中に起きて部屋をウロウロし、次の日もまだウロウロしていたのかは原因不明なので、ちょっとモヤッと感は飼い主には残っています。仁のことでは超、心配性なもので・・・。
それと以前仁が違った行動を取っていたのにもかかわらず、膀胱炎に気付いてやれなかったという過去があるので、仁の違った行動は慎重に見ていかなければならないと思っているところもあります。
だからまだ2、3日は注意してみていくつもりです。


ご心配いただいた皆様、本当にありがとうございました!
うれしくて、ちょっとジーンとしています(ノ△・。)
原因はわかりませんでしたが、とりあえず仁は普段の仁に戻りました♪




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ ポチありがと
ご心配・応援いただき、感謝しております。本当にありがとうございます。

少し様子が・・・

仁さん、もしかしたら体の調子が悪いのかもしれません。


CIMG7849.jpg



昨日、夜中の3時半に仁に起こされたんです。
過去に2度ほど、こういうことがありました。
1度目は誤飲してしまったタネを吐き、苦しそうにしていました。
2度目はひどい下痢になってしまい、夜中にトイレに行きたいからでした。


CIMG7806.jpg



仁は寝るのが大好きで夜中に起きるということはまずないので、とても心配になり一緒に起きていましたが、昨日は吐くことも下痢することもありませんでした。
ひたすら部屋をうろうろしたり、下と2階を行ったり来たりしていました。
その後だんだん眠くなったようで寝ましたが、なぜかいつもの飼い主のフトンでは寝ないで、下のリビングにひとりで寝ました。夜中に起こしたことに次いで、これがまたおかしい行動。。。
飼い主は心配で寝付けませんでしたが、そのうち睡魔が襲ってきて、自然と寝てしまっていたら、明け方になり仁が2階に上がってきてフトンにもぐってきました。



CIMG7835.jpg



いったいどうしたのかな。。。
犬が普段と違う行動を取るときには、何かあることが多いので心配です。
特に仁は何かあると知らせてくるタイプなので。
以前、膀胱炎になった時もそれを教えてくれたのは仁でした。(よろしければ過去記事はコチラ


昨日の朝は、金環日食で部屋が暗かったため、夜かと勘違いしてぐーぐー寝てた仁さんだったのに・・・。



CIMG8017.jpg



もしかしてお腹壊してお腹が痛いとかなのかな~と思って小雨の中カッパを着てお散歩に連れ出してみるも、うんPはいつもと変わりありませんでした。


CIMG5578.jpg


お散歩に行っても、用を足したら直帰しました。
まあ、これは雨のせいかと思うのですが。
もし今日が晴れだったら、いつもより元気がないとかわかるのですが、雨の日は仁さんいつも元気がなく寝てばかりいるので違いがよくわかりません。


朝食べたものを吐くといったことも今現在はみられません。



CIMG8024.jpg


今はこうして寝ていますが、さっきまでまた部屋の中をうろうろしたり、下と2階を行ったり来たりしていました。
仁は雨の日はいつもずっと寝ているので、やはり少し様子がおかしいな。。。
過去2回夜中に起きたときには、吐いたりうんPしたりでその原因がすぐにわかりましたが、今回はそれがわからないのでとても不安です。。。


以前足に黒いポチができて、何かわからなくて不安でしたが、ブログに書いた後無事取れたので、今回もそうなればいいなと思って願掛けしながらブログ書きました。

どうか何でもありませんように・・・(>_<)




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ ポチありがと
いつも応援ありがとうございます。

迷子札も1年

仁は震災直後から迷子札を常につけるようにしました。

CIMG1473.jpg

迷子札、つけなきゃなぁ~とずっと思ってはいたのですが、仁にはマイクロチップが入っているし、鑑札も散歩の時にはつけていたので、もし迷子になっても当面は大丈夫との思いもありました。
延ばし延ばしになっていた理由は、単に種類がありすぎて飼い主がどれにするかなかなか決められなかったという理由もあるんですが^^;
どれもこれもかわいくて。。こっちのほうが仁に似合うかなあ、などとのん気にゆっくり選んでいました。
また、夜寝る時までカラーをつけているのは窮屈じゃなかろうか、まだ子犬だし。。などとも思っておりました。

(震災前・子犬時代)
PC160242.jpg

そんなときにあの大震災が起きました。
仁と飼い主は、被災した県の隣県に住んでいます。被災した県ほどではありませんが、県内でも、家屋の倒壊やたくさんの被害が出ました。
1年経った今でも、余震が毎日のようにあります。度重なる余震で、先日ついに家の壁に大きなヒビが(泣)

当時、外は放射能がかなり飛んでいる、とのことでしたので、仁は1ヶ月くらいお散歩に行けませんでした。お散歩大好きな仁ですから、相当なストレスだったと思います。
また、水道水もしばらくは飲まない方がよい、とのことでしたが、コンビニもスーパーも水は全て売り切れが続き、仕方なく少し麦茶を飲ませたこともありました。

わたし自身は、平気で外に出ていました。というか、電車の運行がストップしてしまい、チャリで職場まで行かざるを得なくなったため、通勤に往復2時間もチャリをこいでいました。
あの頃は自分のことはどうでもよくて、とにかく仁にだけは放射能等の影響を与えたくない、と強く思っていましたね。


その後、徐々に元通りになり今現在の生活があります。

CIMG0439.jpg

お散歩もゴールデンウイーク前までには元通り復活しました。

CIMG04033.jpg


迷子札をつけたのは、たとえマイクロチップや鑑札をつけていたとしても、それを管理する行政が地震で機能しなくなったら全く意味がなくなってしまうと思ったからです。
マイクロチップの番号や鑑札の番号がわかっていても、それと照らし合わせる元の情報を持っている行政なり団体なりが、地震や津波によりデータを失くす等のことは考えられるな、と。
そんな時、迷子札に名前と電話番号が書いてあれば、迷子になった仁を見つけた人が、電話さえ持っている人なら連絡をもらえる。

また、家に一緒にいる時に大地震がきて、避難しなければならなくなったという時、仁にカラーをつけているのとそうでないのとでは、とっさにガシッと捕まえられる容易さがハンパなく違うのではと思いました。
実際、去年の大震災では、おびえて逃げる犬のシッポや耳をガシッとつかんで捕まえ、一緒に逃げた方が沢山いらっしゃったようです。
仁はとても臆病な子だから、そんな状況になったらおびえてパニくって捕まえられなくなると思うのです。。
でもそんな時、たとえ夜中でもカラーをつけていれば、カラーをぐぁしっと引っぱれば捕まえやすいかと考えました。

P1171394.jpg

24時間つけるものなので、なるべく軽い札をネットで注文し、カラーも細くて負担の軽そうなものを必死に探しました。お散歩のときは、リードをつける用の丈夫な太いカラーを別途着けて行ってます。(写真ではわかりにくいですが、緑のカラーの上につけてる赤いカラーが散歩用です)

もっと早くから着けていればよかったんですけどね。何かなければ行動を起こせない自分が情けなかったです。
わたしは家も無事だったし、被災した県の方々に比べたら被害とは言えない程度のことですが、自分なりに経験したことを踏まえて、家族の一員として仁をどう守っていくかにつなげていきたいです。

CIMG1498.jpg



2つのランキングに参加中です。応援のポチありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ banner5.gif

なぜドイツは殺処分ゼロが可能なのか

女優の浅田美代子さんがドイツへ行って殺処分ゼロの仕組みを学ぶBSプレミアム「旅のチカラ」をみたので、忘れないようにここに記録しておきます。
最近忘れっぽいんで、、、(汗)


P1221591.jpg


わたしが知っていたのは、ドイツは殺処分がゼロで捨て犬が収容される施設が沢山あるということだけでした。
不勉強すぎました。。


<覚書>
・ティアハイムという犬の施設がドイツ全土に500以上ある。
・施設は市民の寄付金で運営される。
・1万5千人の会員や遺言により寄付金が贈られる。
・ドイツでは「自分の犬さえかわいがれば良い」という考えではなく、犬全体の幸せを考えている。
・ティアハイムの犬は捨て犬だが、虐待など飼い主としての資格がないと周囲の住民や警察に判断されると、飼い主としての資格を剥奪され、飼い犬でもここに送られてくる。
・年間2万頭の犬がここから新しい家族の元へ引き取られる。
・飼い主が見つからなくても、ここで最後まで犬生を全うできる。
・犬1頭が入っている部屋(1頭につき1部屋)はとても広く(私の部屋より広いな)、床暖房まである。
・施設には、心に傷のある犬を治療するリハビリセンターもある。

・ドイツには生体販売を行うペットショップはない。
・ブリーダーは法律で厳しく拘束されている。
・ドイツの犬はほとんどドッグスクールに通ってしつけを受けている。
・しつけが徹底されているので、車通りが激しい都会でもノーリードで散歩したり、電車にも普通に乗れる。
・犬をしつけするのは、犬に最大限の自由を与えるためとの考えからである。
 よって、ノーリードで自由に散歩したり、レストランに普通にいたりもできる。

・犬を飼う人は犬税(年間約1万5千円)を払わなければならない。
・ホームレスの方でも犬を飼っている人がいる。もちろん、彼らも犬税を払い、必要なワクチンをしている。(自分の生活資金の半分を犬に使っていた)

私がびっくりしたのは、都会の道路でノーリードで大型犬が散歩していても、誰も気にしてないというところでした。
しつけが徹底されているから可能なんでしょうが、現状の日本では考えられないですよね。。
それだけ、犬がにんげんのパートナーとして認められている社会なんだな、と感じました。
犬の自由のためにしつけをする、っていいですねえ。。

ホームレスの人が犬を飼っていることにも驚きましたが、ちゃんと犬税とかを払っていることがすごいな、と。
犬を心の支えとし、パンを分け合って食べる姿は微笑ましかった。


日本がこれに近づくためには、、、まず寄付金という文化が根付いていないので財源の確保が第一ですね。
ベルリンの施設だけでも、年間5億円以上の寄付金で運営しているとか。
日本で遺言で動物のための施設に寄付する人なんて、、まずいないもんなあ。。ピアニストのフジコ・ヘミングさんくらいか?

仁は捨て犬にも関わらず、幸運にも命を繋ぐことができた数少ない犬の中のひとりです。
仁を見ていると、そうではなかった子たちのことも否応なしに考えてしまいます。

PB110117.jpg
(家に来て間もない頃の写真)

いろいろと勉強になりました。私も動物好きの一人として、日本が殺処分ゼロの国になって欲しいと願っています。
そのためにひとりひとりができることは何なのか、これから少しずつ考えていきたいです。


2つのランキングに参加しています。クリックして応援していただけると励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。